村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ

2014年12月31日

どのくらい継続して運動をしたか

ダイエットをやろうと一念発起したあなた、どのようなメニューでダイエットを実施するのでしょうか?

中には、いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重いものを始めようとする方もいらっしゃるようです。

確かにこういった運動をやると汗もかきますし、疲れますから「ダイエットやってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところがダイエットというのは、「1回にどのくらい激しい運動をしたか」ということよりも

「どのくらい継続して運動をしたか」ということの方が重要だったりするのです。

一説によると、ある運動をしたとします。

ところが毎日やっていないと、運動の効果はどんどん少なくなっていくことが分かっています。

例えば、1日おきに運動をしていますというあなた、確かに1日おきに運動をしているというのはすごいことですね?

ところが、毎日運動をしている人と比べるとその効果は1割減少してしまうのです。

もし3日おきに運動をしていますというのならその運動における効果というのは毎日やっている人と比べると実に半分になってしまいます。

仕事が忙しくて1週間に一度しか運動していない方になってしまうと、毎日運動している人と比べるとその作業効率は2割まで減少してしまうという恐ろしいデータも。

ですから、激しい運動をやるというよりも、簡単にできるような運動をいかに毎日続けていくことができるかということに重点を置くべきなのです。

例えば、ストレッチなら仕事の合間に行うことができますね?

ウォーキングなら、電車通勤をしている場合なら最寄りの駅まで毎日の日課になっているのではありませんか?

確かに上にあげたような運動は負荷は少ないかもしれません。
「運動をやった感」もないかもしれません。

でもたとえ充実感を得られなかったとしても、毎日コツコツとやっていくことの方が

かえってダイエットには効果的だったりするのです。

ダイエットは自分のペースでゆっくりとが基本なのです。
>> 1日5分のダイエット


関連記事




【7日間脂肪燃焼ダイエット】 をご存知の方、興味ある方、お知恵をお貸しください...
7日間脂肪燃焼ダイエット

乗馬に健康と癒やし求めて 心地よい揺れに景色も堪能 奈良

7日間脂肪燃焼ダイエット(自己流) - YellowLotus/横浜市港北区日吉 ...

posted by ネタ郎 at 14:31| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

パターン

ダイエットで失敗してしまう人には一つのパターンがあります。
それは完ぺきに何でもこなそうとする傾向です。

「ダイエット中は毎日運動をする」とか
「ダイエットしている間はおいしいものを食べてはならない」
とあまりにも厳しく自分の律してしまうわけです。

しかもダイエット中に息抜きをするなんて愚の骨頂、絶対に手抜きをしてはならないと思い詰めてしまう人って結構いるものなんです。

一見、素晴らしい心構えだと思いませんか?
しかしこのようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、あきらめも早いんです。

一回、自分が決めたダイエットのルールを破ってしまうと「もう自分はだめだ」という風に思ってしまうんです。
せっかく今まで頑張ってきたダイエットも、ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

もしダイエットをそのようなあなたが考えているようでしたら、ちょっとまじめすぎます。
もう少し柔軟な発想を持った方がダイエットは成功しますよ。

毎日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は一日とかごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?
ですから、ダイエットのやり方についてもしあなたが見直したいのなら、5日とか1週間とかの少し長めのスパンで区切って見つめなおしてみたらどうでしょうか?

もし5日とか1週間とかごとにダイエットの反省をすれば、ダイエットの成功失敗の見え方も変わってくるはずです。
1日単位でみると、夕食に食べすぎたことが失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、一日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?
決めた期間の中でダイエットにとってプラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、結果プラスになっていればダイエットは前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、ダイエット中でも息抜きをしやすくなりませんか?
緩急、これがダイエットの基本なのです。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


脂肪燃焼を促進?させる飲み物ってありますか? 今日会社の人に聞いたのは、杜仲...
ウォーキングダイエットのことで。

人気読モ集結で“美旋風”巻き起こす 進化したスムージーをキャッチ

ダイエット中は何を飲む?ダイエットに役立つ飲み物7選 | ダイエットSlism

posted by ネタ郎 at 19:52| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

スロートレーニング

ダイエットをするときには、筋肉の量というものが大きく左右してきます。
筋肉がカロリーを最も消費するからです。

ですから、効率的に体重を落としていきたい人は、筋トレを日常生活の中に取り入れていく習慣をつけることをお勧めします。
別に筋トレといっても、腹筋や腕立て伏せを一日に何百回もやれとは言いません。
そんなことをすれば、ボディービルダーのように筋肉もりもりになって今います。
そんな体型を求めてダイエットする人は少ないでしょうからね?

一日十回程度の軽い筋トレで十分OKです。
続けることに意味があります。

しかし筋トレを行うときには、ひとつ注意をしながら行うといいでしょう。
それはゆっくりと動作するということです。

筋トレを回数こなそうとする人に見られますが、一回一回の動作が速くなっています。
動作が速くなっているということは、自分が鍛えようとしている筋肉以外の部位を動かしている可能性があります。

腹筋を例にして見ましょう。
早く腹筋運動をしようとすると、勢いをつけることになります。

すると首の筋肉とか、いすなどに足を引っ掛けている場合には、脚力を使って身体を起き上がらせています。
ということは、腹筋運動をしているように見えて、腹筋への負担は半減しているのです。

回数を少なめにしてゆっくりと運動をする場合、ほかの筋肉を動かすことがなくなります。
しかも運動をしているときに、自分が今どこを鍛えているのかということを意識しながら行うことができます。

どこを鍛えているか意識するということは筋トレをする上で大変重要になってきます。
意識をすることによって、より効率的な筋トレを行うことができるとされています。

現在では、スポーツ界でも「スロートレーニング」といって、ゆっくりとした筋トレを行ったほうが筋トレへの効果が高いとされています。
回数は少なくてもゆっくりと確実にこなすほうが、実はダイエットには大きな効果を発揮するのです。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


ストレッチのダイエット効果って? ダイエットにはストレッチはとてもいいと思い...
ストレッチはダイエットにも効果的 (・・ )?

スマホ利用で首に30キロの負担…現代病「スマホネック」の解消法

ダイエット商材でスローストレッチ ダウンエイジング 評判は | あゆみの ...

posted by ネタ郎 at 10:41| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ