村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ

2015年01月31日

ぽっちゃりキャラ

ぽっちゃりとしていることで得をすることもありますよね。
いわゆる「ぽっちゃりキャラ」とでも言いましょうか。
太っていることにも愛嬌がありますよね。「ユーモラス」「食いしん坊」「いいかげん」「知的でなはい」「なまけもの」「かわいい」「あわてんぼう」「意気地なし」「甘えん坊」「温厚」「うすのろ」「子供っぽい」「従属タイプ」などのイメージが持たれやすいのがこの体型です。

もちろん、これらは根拠の無い固定観念ではありますが、私たちの社会では太った体型とこれらのある特定の性格・人格が深く結びついているという先入観があるのは事実ですよね。
例えばドラマやバラエティ番組で太った出演者がどのような役回りをさせられているのか?を注意深く見てみると、必ず上記のいくつかの性質を持つものとしての「役割」を担っていることに気がつくのではないでしょうか。

もし、ダイエットをしようとする人の心のどこかで、これらのぽっちゃりキャラやでぶキャラがもつ性質のいくつかが自分の長所や自分らしさとして認識されている場合、ダイエットすることで自分らしさを失うのではないか?というある種の恐怖、違和感を持つことがあるかもしれません。

つまり心のどこかで、「自分には太った体型がお似合いなのだ」という自己像を持っている人は、そのことがダイエットを難しくするひとつの要因となりうるわけなのです。また、太った体型と性質・性格の結びつきは「でぶキャラ」だけではありません。

例をあげれば、同じ年齢で、人から「かわいい」と言われる人と「美人」といわれる人のどちらの方がよりスリムな女性を連想させるでしょうか?たぶん、ほとんどの人は「美人」の方がスリムな印象をもつと思います。

これは人間が本能的に「かわいい」と思う乳幼児の体型は、そのまま大きくすれば大人では肥満体型となることが根底にあり、乳幼児、子供のようなかわいさを維持しようとすると、どうしてもふっくらとした面持ちが必要になるためです。

ですから、これも自分は周りのみんなから「妹のような存在」「かわいらしい人」として扱われたいと思っている場合で、しかも「だからちょっとふっくらしている方がお似合いだ」と心のどこかで思っている時は、ダイエットを難しくする原因のひとつになります。
>> 1日5分のダイエット


関連記事


家でストレッチするだけで体脂肪は燃焼しますか?
体脂肪を減らすには、どちらがより効果的でしょうか?

下半身デブを断ち切る!冬太りを解消する簡単ストレッチ

ストレッチで簡単ダイエット!!寝る前5分のストレッチ習慣 | ダイエットなら美 ...

posted by ネタ郎 at 18:03| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


村本エリカ無料レポート
デトックスダイエット シークレットノウハウレポート

本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレット・ノウハウ